mina ikorから

mina ikor 6人目の仲間

今日はmina ikor6人目の仲間の紹介の日です!
sakiちゃん[ interview]です♪

 言い方が正しいかはわからないのですが、”不思議な存在”でありかつ”リスペクトする存在”でした。
 不思議だな〜と思ったのは、おそらく同様の場所で撮影しているけど出会うことが一度もなかったこと。それは、自分もsakiちゃんも、あまり並んで撮影することの無いタイプなのでなおさらだったのかもしれません。
  そして、リスペクトという点では、被写体との向き合い方が素敵だな〜って。そして何より、信念というか自分のスタイルというものを確立していて。リスペクトすべき存在として意識するようになったのとき、自分自身色々と迷っていた時期でもありより一層自分にはない強みにをもつsakiちゃんに憧れを抱いていていました。
  だからそんなリスペクトする人と一緒に活動できることになるとは思ってもいなくて、「仲間として活動を共にしないか?」と話し「ぜひ」という返事をもらったときは、嬉しさもそうなのですが、驚きしかなくて。個人で十分活躍している人なのにわざわざ他の仲間と共に活動してくれるって驚きしかないですよね?
 もう一回言います。本当に驚きました(笑)

  まだ出会って数度ですが、喜怒哀楽を共有し、共に歩んでいける人だなって思っています。
 自然や環境に対し、純粋に優しい気持ちを持ち、疑問を抱き。そんな純粋な姿勢を大切にしたいし、守りたいと思わせてくれる仲間です。
さぁ、小林が思っているsakiちゃんへの仲間としての思いはこんなところでしょうか。書けば、みんなと同様止まらないくらい描いてられますがくどくなるだけですよね(笑)
 それなら、この辺でsakiちゃんがmina ikorとして活動をしようと思ってくれた経緯など。ご覧いただけたらと思います!

sakiちゃんのインタビュー記事は「コチラ」からご覧いただけます!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です