アウトドア アウトドアギア

コロナ禍でも楽しく過ごす〜ちょっと特別なトランギアのNSメスティン〜

 minaikor代表の小林です。のんびり自粛期間を過ごしています!
 39県で緊急事態宣言が解除となりましたが、今後もしばらくの間は、不要不急の外出の自粛が求められることとなります。
 minaikorの拠点となる北海道も、いっときと比べると1日の感染者数が減ってきたように思えますが、ここで「もう自由だ!」 と見境のない行動を始めてしまえば、状況が悪化してしまうことにも繋がりかねません。
 今の時点で十分自粛している皆さんですが、仲の良い友達と会ってお酒を飲んだり、食事をしたり、遊んだり。そういった、複数の人が集まって楽しいことすることは、もう少し先まで我慢したいところですね! きっとこれだけ我慢したのなら、次に会って遊ぶことが楽しくて楽しくて堪らない時間になるのではないでしょうか?

マイルール「おうちdeアウトドア飯」を策定!

 さて、私も三密となるような場所へ行くということは、もちろん自粛しています。なので、遊びに行くことはできません!
 ですが、「遊んでいないか?」と聞かれれば答えは「No!」です。 どんな遊びをしているか? これはもう、おうち遊びに磨きをかけています✨
 おうち遊びの中でも楽しんでいるのが、アウトドアギアを使ったアウトドア飯作りです!
 バーナーやホットサンドメーカーなどといったギアを使った簡単料理を楽しむ日々を過ごしています♪ 知人などからは「家でなら普通に料理した方が良くない?」と言われたりもします。確かにそうなのです。だって、そっちの方が料理しやすかったりもするし(笑)
 ですが!私はこのコロナ禍での自粛期間中は、「アウトドア飯を作っていく」という勝手にどうぞとも言えてしまうマイルールを策定したのです。
 なのでそのルールを遂行していくのみなのです。
 「なぜわざわざアウトドア飯を作るのか?」と言われば「非日常だから」という極々シンプルなもの。キャンプなどのアウトドアをした時に食べるアウトドア飯って、凄く手間がかかっている訳でも、高級食材を使っている訳でも無いのに、”とてつもなく美味しく感じる!”ってことありますよね?
 そう!それです!このコロナ禍という今の状況。いつもとは違う時間が過ぎている。ならば「おうちでもいつもとは違うことをしちゃえ!」がこのマイルール「おうちdeアウトドア飯」の策定に通ずるのです。

これは絶対にあった方が良い。万能アイテム!

 アウトドアギアってたくさんあります。なので「どれを買ったら良いかわからない」という人も多くはないでしょう。私も数年前までその一人でしたし、今も「どれを買おう?両方買ってみるべきか?」なんてギアを前に悩み続けていますが。
 しかし、そんな悩みがちな私でも即決で購入したギアがあります。 それがコレ!
 trangia社のメスティン!いわゆる「飯盒(はんごう)」です。


trangia社は北欧のスウェーデンの会社で、家庭用の料理器具を手がける会社からキャンプ料理を作るための特化した製品づくりを行っています。


 そんなtrangiaのメスティンは3つ所有していまして、写真に写るのは2つ。
さて、この2つのメステインに新旧の違いはあれど、他に何か違いはあるのでしょうか?

焦げ付き知らずのNSメスティン

 外見は傷の有無くらいで性能に差はないでしょう。しかし大きな差は、このメスティンの内側にあります。 さて、中身を見てみましょう!

  一般的に流通しているメスティンは、外側も内側も同じ材質でできています。

 しかし、もう片方のメスティンの内側は黒くなっているようにも見えます。

 いや、黒いんです。 どうして黒いのかは少し置いておいて、メスティン(はんごう)の敵は、”焦げ付き”なのではないでしょうか?
 キャンプといえば「焚き火でご飯を炊く」ということも醍醐味のひとつのような気もしますが、直火での炊飯は底面が焦げやすい。
 そして、アルミ素材は尚更焦げ付きやすいのです。 焦げ付いた底面をゴシゴシ洗う。そういうことも、アウトドア飯を作る上での醍醐味ともいえますが、せっかくならスマートに片付けたい。 そんな時に使いたいのが、この内側が黒く加工されたメスティンなのです。
  ではどうして黒いのか?
 それは、焦げやすいアルミの性質をカバーするために、ノンスティックコーティングという加工が施されているからなのです!
 この加工がされているメスティンは、全く焦げ付かないとは言いませんが、よほどのことが無い限り底面が酷い焦げ付きになるということは避けられるのです。 なので、食べ終わった後の洗う手間も格段に楽になる。そんな魔法のような加工!通常のメスティンでももちろん良いのです。
 しかし、キャンプなどで何度かメスティンを使うとなれば、どうしても洗うという手間から逃れることはできません。少しでも楽しい時間を過ごしたい!洗い物の手間を省きたい! そんな方には、メスティンにこのような加工を施すことはgood ideaだと思っています!
 私は加工された方でご飯を炊き、加工されていないものでスープやおかずを調理する。そんな使い分けをしていたりもします♪
 そして何より、こういったアウトドアギアが好きなので、何個もあるとワクワクもしてきますしね♪

p.s. 前回の記事では、行者にんにくについてレシピでも〜と話しましたが、アウトドアギアの紹介となってしまいましたm(_ _)m
 しかし、実用的なギアなのでぜひチェックしてみてください♪

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です